サンプルサイト

写真


商品名や屋号、店名を登録したい。 でもどうやって登録すれば良いの?
出願から登録まで、どのくらいお金がかかるんだろう?
どこへ登録すればいいんだろう? 

写真
商標は、私たちの生活に身近なものだけど、実際には知らないことがいっぱい。

そんな疑問について、一から分かりやすく解説いたします。

最近では、オンラインでの出願が可能となり、個人で手軽に登録する人も増えてきました。
しかし実際は、素人の方が登録したものと、専門家が登録したものとでは、その権利範囲が大きくことなることがあるのです。
せっかく登録したのに、とても弱い権利だったり、穴のある登録だったり、裁判では勝てない権利である可能性もあるのです。

強くて広い範囲での権利を取得するためには、法律や判例の知識、経験が必要です。
弊所では、あなたの登録をサポートいたします。

登録が初めての方でも、ご安心ください。
専門家が親身になって、出願から登録までご案内いたします。

写真


1.独占的に使用することができます。


権利者は、登録商標を独占的に使用することができます。登録することにより、安心して継続的に使用することができます。もし登録していなければ、突然他人から使用の差止を請求されたり、損害賠償を請求されたりすることもあるのです。長年使用してきた大切な標章であっても、他人に先に登録されてしまうと、二度と使用できなくなってしまう可能性もあるのです。他人に登録されたらどうしよう・・・とビクビクしながら標章を使用するよりも、商品名や店名、会社名は適切に登録を行い、法律の保護のもと独占的に使用しましょう。

2.他人の使用を排除することができます。

他人が同じものや似たようなものを使用している場合には、その使用の差止を請求することができます。また損害賠償請求や不当利得返還請求、信用回復の措置をすることもできます。長年使用していて、需要者に知られるようになった商品名や店名は、はやり他人の模倣の対象になりがちです。そこで、もし商品名や店名を登録をしていないと、他人に真似されても見過ごすしかありません。そればかりか、他人に先に登録されてしまう可能性もあります。そのようなリスクを避けるためにも、使用している標章や、使用予定のある標章は、早めに登録を行い、他人の使用を排除しましょう。

3.半永久的に権利を存続させることができます。

権利の存続期間は、設定登録の日から10年間です。しかし更新の申請をすることにより、さらに10年間の存続期間を得ることができます。つまり更新を繰り返すことにより、権利を半永久的に存続させることができるのです。特許権や意匠権には、このような更新制度がありません。一方商標権は、標章を使用すればするほど、その標章に信用が化体して価値が増していくものであり、存続期間を限ってしまうことは権利者にとって酷な結果となりかねません。そこで更新制度を設けて、権利者が望む限り、権利を存続できることにしたのです。

4.使用許諾などで利益を得ることができます。

権利者は、専用使用権を設定したり、通常使用権を許諾したりすることにより、使用許諾の料金を得ることができます。たとえば東京スカイツリーの運営会社「東武タワースカイツリー株式会社」は「東京スカイツリー」などの登録商標についてのライセンス申請登録料で利益を得ています。

このように、登録することによるメリットはたくさんあるのです。出願時や登録時に係るお金は、特許などに比べても安い価格です。また、他人に先に登録されることにより、これまで使用してきた標章を使用できなくなったり、パンフレットや商品名、店名や看板などを変更するための費用のことを考えたら、そのようなリスクを避けて適切に登録するための費用はとても安いと思われます。

写真


出願をする前には、必ず事前調査を行うことをお勧めします。もし調査を行わなければ、せっかく出願したのに拒絶になったり、拒絶理由通知がなされ、その対応にさらなる費用と手間がかかったりと、出願人にとって負担となる可能性があるからです。

主な調査の内容は、「既に同じものが登録されていないか?」 「似たようなものが登録されていないか?」の調査です。

同じものや似たようなものが登録されている場合には、登録を受けることができません。 ここで重要なのは、全く同じものが登録されている場合には、素人の方でも判断がつくと思われますが、似たようなものが登録されているかどうかは、やはり専門家の経験なくして判断が困難であると思われます。ですので出願の際には、専門家による事前調査をご依頼ください。

弊所では、出願手続きをご依頼のお客様には、無料で調査を行っています。

また実際に登録を行わない場合であっても、使用予定の商品名や店名などが、他人の権利を侵害していないかどうかの有料調査も行っています。お気軽にお問い合わせください。

登録のためにかかる費用は、各事務所によって異なります。一般的な商標登録の料金・費用は、こちらのサイトに詳しく示されています。また調査については無料で実施している事務所もございます。弊所の他にも商標登録の無料調査を行っている事務所がございますので、ご確認ください。 ロゴマークの商標登録については、図形調査を必要とします。専門知識を要しますので、その分野に経験がある事務所を選ぶとよいでしょう。こちらの事務所は、ロゴマークでの登録の経験がありますのでご覧ください。